このサイトではレゴ®ブロックで作った作品や制作過程などを中心に掲載しています。
作品の写真や動画は、FlickrYouTubeにもアップしています。
  • いろいろとアップしました

  • KLUGについて

    レゴファンの集まりに「LUG(LEGO User Group)」と呼ばれる団体があって、以前から世界の各地でさまざまなLUGが活動していたのですが、このたびレゴ社がそういったLUGをきちんとした手続きを踏めばレゴ社公認LUGとして認めてもらえる「LAN(LEGO Ambassador Network)」と言うシステムを開始しました。

    LEGO Ambassador Network

    今年から私も「KLUG(Kansai LEGO User Group)」の活動にちょこちょこと参加していたのですが、このKLUGも無事公認LUGとして登録されました。

    KLUG以外にも日本では3つのLUGが公認されましたが、そのうちのサクラグにも参加してますし、阪大レゴ部はLUGメンバーではないですが以前からずっと関わっていますので、活動の場がいろいろと増えました。
    KLUGの方では主にチャリティーを目的とした作品展示を行っていますが、先月はKLUGがいつもお世話になっているCafe sheepさんでハロウィン作品の展示をしました。

    Halloween Display Winners 2014

    来月にはまたクリスマス作品展示もしますし、来年3月には摂津市の方で作品展示会も予定しています。

    私もいろんな機会を与えてもらえますし、より多くの方にレゴブロックを楽しんでいただけるような、いろいろな機会を作っていきたいと思います。
  • BrickLink MOC Shop について

    海外のレゴパーツショップとして、一番よく使われているのがBrickLinkだと思いますが、そのBrickLinkの新しいサービスとしてMOC Shop と言う自分で考えたモデルを販売することができるサイトがあります。
    ※MOC = My Own Creation

    BrickLink MOC Shop

    今年の5月ごろから少しずつサイトが整備されてきて、現在は一通り運用されている段階になっています。
    BrickLinkからなんかモデル作ってみてみない?的なお誘いをいただいたのがきっかけで、私もオリジナルモデルを登録しています。
    Mini-Robot MS01

    はじめに登録したミニロボです。ほんとはこの前にサンプル品として同じようなものを登録していたのですが、パーツ構成がイマイチだったので作り直しました。
    はじめにBrickLinkからはモデルの写真とLDD(LEGO Digital Designer)などで作成したモデルデータを依頼されたのですが、商品として登録を完了する為にはインストラクション(組み立て説明書)も必要なので、それも作る必要があります。

    販売システムについてはショップ側のインターフェイスがどうなっているのか分からないので詳細は不明ですが、一つのショップでパーツ全てが揃ってはじめて販売が可能になるので、なるべく汎用的で入手が容易なパーツで構成する必要があります。

    それでもパーツの色、数量の条件もあるので、なかなか難しいものがあります。また複雑なモデルだとインストラクションを作成するのにも手間がかかります。かといって単純なモデルだとわざわざ買わなくても作れる・・・ってことになると思いますし。

    なので正直な所、このMOC Shopに登録する手間を考えると現状ではあまりメリットはない感じです。一つの作品紹介チャンネルみたいなとこかな。今後もっとサイトが活発に動きだせばまた変わっていくと思いますが。
    最近この3点も登録しました。
    Machines and Tools set-A
    Machines and Tools set-B
    Mini-Robot WM01

    ミニロボ関連で世界を広げていこうって感じです。
  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • Kindle eBook

  • 私が作った知育アプリです

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告