オーラバトラー 紅甲獣

この作品は、zizyさんのブログで開催されている、LRP2013の第2回用に制作した作品です。
前回が期間ぎりぎりでの投稿だったんで、今回は余裕を持っての制作。
以前作ったオーラバトラー 藍蜻蜓では、いろいろとやり残したことがあり、オーラバトラーはまたいつかチャレンジしたい素材だったんで、今回はその反省も踏まえての制作。
はじめにレプラカーンをモチーフにした頭部を制作してみて「いけそう」って感じがしたんで、やりたいと思っていた組み方を盛り込んで納得のものが出来ました。

特に昆虫や獣の生物的なフォルムなど、オーラーバトラーらしさをいかに表現するかってのがポイント。そのため今回はバイオニクルとかヒーローファクトリー系のパーツも積極的に使ってみた。
ただ、あんまりそのまんま使いすぎると「パーツ見え見え」な感じがしてしまうんで、システム系ビルドにいい感じになじませながら。

三角のスロープパーツを使った鱗のような表現で全体に統一感を出しながら、ゴツゴツした部分と甲虫のようなつるっとした部分、内部メカのごちゃごちゃした部分のバランスが重要。
武装はオーソドックスに剣と盾を考えていたんだけど、いい感じの長さの剣パーツがなかったのと、もっと荒い感じのほうが似合いそうだったんで斧をチョイス。今年の年賀作品で作ったやつの武器だけは気に入って壊さずに残していたので、それをちょっと改修して使用。

こいつのために作ったかのようにピッタリ。
首には太いひもパーツを使って、オーラバトラーによくあるケーブルというか腱というか、そういう表現を。背中のオーラコンバーターはお気に入りポイント。ヒーローファクトリーのパーツは細かいディテールを表現できるのと、軽く作れるのがいい。

左手の薬指もしくは小指にあたる部分は、爪パーツじゃなくてルージュのパーツにした。ちょっとした遊びであるのと同時に・・・
パイロットが女性であることとのつながりも表現しています。

前作のオーラバトラーではフィグ乗りにしなかったんで、絶対に今回はやっておきたかった。前が大きく開くので側面と後ろだけで強度を保ちながら腰のくびれも必要だったんで、何度も作り直した部分。
納得いくまで妥協せずに作り込みます。

おかげでほぼ理想通りのものを作れた。
なんか最近レゴがうまくなった気がするw

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告