ロボットの作り方(23)脚・足を作る - その3

今回は「足」の制作です。
レゴロボ制作の中でも、足はちょっと難しい部類に入るかもしれません。
ロボットのタイプによっても個性が出ますし、しっかり作っておかないと重量を支えることもできませんしね。
かかとの部分に、テクニックのコネクタパーツを使います。
接続用途ではなくて、見た目の用途としてもテクニック系のパーツは便利です。
つま先になる部分には「ロックヒンジ」を使います。カチカチと段階的に曲がるヒンジパーツです。
関節など曲がる部分に使いますが、角度をある程度の力で固定できるので、このようにちょっと角度をつけたい用途としてもよく使います。
これで脚は完成です。

左右組み立てるとこんな感じになります。もっとボリュームを持たせてもいいですが、まずはロボットの基本としてオーソドックスなイメージで。

下半身は脚の付け根の部分、股関節あたりがまだ残っていますので、次回はそこを仕上げます。