バイク・ガレージ

以前から作ろうと思いつつも、アイデアがまとめきれなくてなかなか制作を進行できなかったものの一つ。
バイクの修理とかカスタムをやってるショップのイメージ。ざっくりと「ガレージ」って感じ。

バイクショップや、2階に住居スペースのある建物、他にもいろんな候補があったんだけど、まずは手頃なものからやってみようと言うことでこの題材を選んだ。
ベースサイズは24x24ポッチで、ブロック1つ分ほどかさ上げしている。
ガレージの扉の開閉ギミックをやりたかったので、ドアレールパーツを、扉の上下で立てて使っている為。
また、これは後ほど別のギミック用にも活きてくる。

パネルパーツを使った屋根は乗っけてるだけ。
内部にはパワーファンクションLEDライトを仕込んである。
内装はこんな感じ。スチール棚に工具キャビネット。ヘルメットが飾ってあったり。
建物の奥は事務スペース。

反対サイドには、旋盤、ボール盤、溶接機。持っててよかったサンドグリーン。
トイレに洗面台も完備。ちょっと分かりにくいですがちゃんとトイレットペーパーも再現してますよ。
天井にはH鋼にとりつけたホイストクレーン。ちょっとサイズがでかい。

制作中は、これらの小物を作ってるときが一番楽しかったかも。
そもそもこんなのを作りたくてガレージという題材にしたのもあるんだけど。
ミニフィグを置いたりする時用に、事務スペースの裏の壁はパカッとオープンできるようになってます。
トイレ側も同じようにしとけばよかったと後悔。

底面の一部もパカッと開くことができて、指を突っ込んでバイクリフトを持ち上げることができる。
かさ上げした1ブロック分にリフトがちょうど収まるので、収納時はフラットになる。
このリフトもなかなかリアルにできたんじゃないかと自画自賛。

建物を作ってもギミックは絶対に忘れません!宣言。
LEDを点灯するとこんな感じ。
作業場の4つは電池ボックスと直結、事務スペースとトイレは間にスイッチを挟んでいるので、個別にオンオフが可能になっている。

手持ちのパワーファンクションLEDの一つがなぜか青白く光るんで、それを利用して事務スペースは作業場と異なる色で照らせるようにした。トイレは透明オレンジのタイルパーツを使って電球色を再現。
う~ん、やっぱりトイレはもっとよく見えるように作るべきやった。もったいない。

薄暗い中で夢中でバイクいじりをする雰囲気が出ているかな。
本格的に建物を作ったのは初めてだったけど、なかなかいいものができたと思う。
見せ方の部分でもうちょっと工夫が必要かな。でもこれも次につながる一歩。

今後、普通の住宅を組むことはたぶん無いと思うんだけど、ショップとか工場とかそういうのはまた作りたいな。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告