ロボットの作り方(おすすめセット:2013年5・6月版)

今回は、メカ・ロボット系作品を作るのにオススメのセットをご紹介。
どんなセットでも、どんなパーツでも入手しておけばいろんな使い道があるのですが、特にメカ・ロボットを作るのに便利なパーツが入ったセットのうち、最近発売された&発売されるセットをご紹介したいと思います。

レゴ スター・ウォーズ アンバランMHC™ 75013


スターウォーズシリーズは元々メカ・ロボ系作品制作に使えるパーツが多く入ってるのですが、価格が少々お高いので、なかなか気軽に買うわけにもいかないですよね。
その中でも、このセットはコストパフォーマンスが良く、パーツも、ブラケット、スロープ系、タイル、クリップ系と、よく使うものが豊富に入っています。

アンバラン兵のミニフィグも、頭のパーツの色はあれですが、そのままパイロットとして使えるプリント&ヘルメットです。
買っておいて間違いないと言えるオススメのセットです!

BlickLink 75013 パーツリスト

レゴ スター・ウォーズ コーポレートアライアンス・タンクドロイド™ 75015


こちらもスターウォーズシリーズから。発売は6月ですので現時点では未発売です。
パーツリストがまだ不明なのですが、商品写真を見ただけでも間違いなく良パーツ満載のセットです。
コストパフォーマンスもなかなか良さそう。

レゴ クリエイター サンダーウイング 31008


これも発売は6月なので現時点では未発売です。
発売が延期になったり、また早くなったりしたセットなんですが、特徴はパーツのバラエティ。

飛行機とロボットと車が作れるクリエイターセットだけあって、タイヤも入っていれば、ロボット用の関節パーツも入っているし、飛行機のウイングに使えるプレートも。基本ブロックがほとんど入っていなくて、プレートやスロープが中心なのもありがたいポイント。

BlickLink 31008 パーツリスト
今回は厳選した3セットを紹介しました。
パーツがたくさんあればいいものが作れるとは思いませんが、種類も色もたくさん持っていれば、いろんな組み方や表現が可能になります。

まずはメカ・ロボ系ビルドで必須のグレー系を意識的に集めるようにするのがいいと思いますよ。