ガーマドントレイン制作記

ガーマドンのホネホネ列車の制作記です。
ネタ作品は難しく考えないで思いつきで作る部分が多いので基本一発OKなんですが、色の切り替えとかバランスは気を使ってるかな。
写真を撮り忘れてたんで、いきなりこの状態からw
ホネホネヘッドとモーターを設置して感触を確かめている段階。
動輪は赤しか持ってなかったんでまだとりあえずの状態。
IRレシーバーを配線して設置位置の確認。いつもながらケーブル処理が面倒。
あらかじめ余裕をもってケーブルを通す箇所を確保しておくのが大事。
それが一番大事。
全体が仕上がってきた。
この時は気分が乗ってきてサクサク進んでた。
でも実際に動かすと走行できないほどではないけど、カーブレール区間でロッドが微妙にかするんで、最終仕上げで後ろの方を1ポッチ延長している。
装飾パーツの作成。こういうのもなかなか楽しい作業。
檻は6幅だと広すぎるし、4幅はフィグがキツキツなんで5幅で作成。
6幅の車体に乗せると微妙なリズムが生まれていいアクセントになる。
写真の触手パーツを使ってみようかとも思ったけどいまいちだった。
この後、ハリッポーターセットの4866夜の騎士バスの窓パーツがちょうど色的に合うので、それを使って客車を作ろうかと思ったけど、囚われのニャーちゃんのドナドナ状態が表現上失われるのでやめておいた。

最後に全体の調整をして完成となります。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告