マスターモデルビルダーコンテストに出場してきました

4月に大阪の天保山(海遊館のとなり)にできる、レゴランドディスカバリーセンター大阪のマスターモデルビルダーコンテストに出場してきました。
マスターモデルビルダーとは、レゴランドディスカバリーセンター1施設に1人だけが任命され、子供達にレゴブロックの組み方を教えたり、展示物を制作したりするお仕事をする「レゴ職人」です。

東京にできた時にも同じようにコンテストがあり、その時は私は出場していませんが、今回はもうこんなチャンスは無いだろうし、本当にあの場所でお仕事をしてみたいという想いもあったので応募しました。

簡単ではありますが、今日のことを少し書いてみます。
今回使えるパーツはこれだけ。

※写真はレゴランドディスカバリーセンター東京の、マスターモデルビルダーおおさわさんのツイートからいただいてきました。
でも、私は1x3のプレートは一つも見なかったですし、1x8のプレートも最後の最後にたまたま見つけました。正直かなり厳しいパーツ構成です。

なのでほとんど1ポッチ幅のプレートがない状態で作品制作をするはめに・・・
2x4の黄色いブロックも早々に無くなったので、この中で一番使いやすいのは赤の2x3ブロックでしたね。
第1ラウンドは「スポーツ」がテーマ、制限時間は30分。

完全に頭は真っ白w

自分の好きなサッカーをテーマにすることにしましたが、選手を作るのはいろいろと厳しそうな感じがしたので、たくさん目についたグリーンのプレートで、サッカースタジアムを作ることに。
ご覧の通り、中途半端な出来です。

今、冷静に考えたらもうちょっとなんとかなったな~って気がしますが、めちゃくちゃパニクってましたし、30分と言う時間の感覚がまったくつかめなかったので、もう完全にやらかしてしまった状態です。

ここでほぼ予選敗退を覚悟w
写真は最後に帰る間際にパパッと撮ってきたのであんまりいいのがなくて申し訳ないです。

他の出場者の方の作品を冷静に見れるほど心にも余裕がなかったので、あんまり憶えてないですw
休憩と昼食をはさんで第2ラウンドは「大阪」をテーマに30分の制作。なんとかここで午前の失敗を取り返したいところ。

赤の2x3ブロックだけが心の支えだったので、すぐにカニ道楽、道頓堀が思い浮かんだので、道頓堀川、戎橋、カニ道楽と順に作って、もう一つスペースがあったので、ふぐ料理のづぼらやも併設。
これは我ながら大阪らしくていい感じにできた手応えはありました。
橋から飛び込んでる、阪神タイガースファンは再現できませんでしたけど。

この第1ラウンドと第2ラウンドの結果により、なんとか決勝に進むことができました。
まずは目標をクリア。ふぃ~。
第2ラウンドの皆さんの作品達。

決勝は、私、八木くん、なかやまさん、やもさん(ここまで阪大レゴ部、すごい!)、そして神奈川から参加のIGUさん。IGUさんとは初めてお会いしましたが、Twitterでは交流のあったバイオニクルのすごい方です。

この後は面接をはさんでいよいよ決勝ラウンド。前回の東京の時は、赤・青バケツで好きなものみたいな感じだったらしいので、今回もそんな感じかなと思っていたのですが・・・・決勝の前に、係の方が再びあのパーツ箱をきれいに並べ出したので、え、まさか決勝もそのパーツ・・・そのまさかでした。

お題は「あなた自身」。

しらんがな。

って感じでしたが、制限時間は45分あるので、少し気分的には余裕。何もネタが浮かばなかったので、自分の好きなこと「子供と遊ぶこと」をテーマにすることに。
子供といっしょに遊べるレゴ作品ってことで、楽器をいろいろと作ってみました。楽器とかはじめて作りましたよ。

笛、バイオリン、ハーモニカ、カスタネット、太鼓、ピアニカ、トライアングル、手にもってならすタンバリンみたいな鈴みたいなやつ、の計8作品。数で勝負!

ハーモニカはたまたま、なかやまさんがレゴで作ったやつを持ってきてて控え室で披露してたので、なんかそのノリではじめに作りました。ホルダーが付いてるのも、そのなかやまさんの作品の影響。

バイオリンは当初ウクレレでしたが、バイオリンの方が雰囲気でそうだったので。あとはその場にいた子供達やギャラリーの方達とお話ししながらいろいろ作っていきました。

やってみれば出来るもんですね。

マスターモデルビルダーに選ばれたのは、なかやまさん。阪大レゴ部を作って、関西のみんなをまとめあげて、レゴ作品を発表できる場を作ってくれた方なので、一番ふさわしい方だったと思います。おめでとうございます!

くやしい気持ちはありましたが、本当に楽しめた一日でした。
一瞬だけでもなんか夢を見れた気がします。
また日常に戻るのが悲しいぐらいに、特別な日となりました。

私は私なりに、またいろいろな作品を作って、たくさんの方に喜んでもらおう。
たぶんそれが私の進む道ですから。

最後に会場で応援してくださった方々、すばらしいコンテストを開催してくださった運営の方々に心からお礼を申し上げます。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告