Tublock(チューブロック)で遊んできた

最近なにやらウワサのブロック「チューブロック」を体験してきました。

Twitterきっかけで知ったのですが、ちょうどこのチューブロックを開発しておられる株式会社ベンカンさんも参加しているイベント「こどものためのあまらぶワークショップ」があったので、子供と一緒に行ってきました。
イベントではたくさんの体験ブースがあったのですが、さっそくチューブロックのある部屋に突撃。配管継手を作っておられるメーカーなので、まんま配管っぽいブロックです。

大きく3つのサイズに分かれていて、小さな突起を挿して接続していく仕組みです。大サイズの接続面は大きな溝があって、そこに突起を2つ刺すので、ある程度自由な位置に取り付けられるってことです。なるほど~。

中サイズも基本は同じ仕組み。突起の位置は、2つの接続面を比べるとで90度ずらしてあります。なるほどなるほど。
小サイズはそのまま挿し込むだけです。けっこうパーツバリエーションありました。
例えばこんな接続もいけるわけです。

レゴブロックでもそうですが、この「くっつける」感触って大事だと思うのです。そこがこのチューブロックは、めちゃいい感じでした。堅すぎず、また簡単に外れちゃうこともなく。ぐっと挿し込む感触が「あぁ~俺、組み立ててる~」って感じが指から伝わると言いますか。

レゴのパチッとも、LaQのパキッとも違って、これはこれで楽しかったです。

そしてこの小サイズってもしかしてレゴと合うかな?って思われる方も多いと思います。ですよね。
で、たまたまカバンに3mmバーが入ってたのでこっそり試しましたが、残念ながらレゴの方がちょっと径が太く入りませんでした。大サイズの溝にはかろうじて挿さりましたが。
たまたまですよ、たまたま。
滞在時間は3、40分ほどでしたが、いくつか作ってきました。
ぐねぐねを活かしたかったので、ゾウとタコ。あと潜水艦っぽいものを作ろうとした何か。
と、特に意味はない物体ですが、この小さい突起をこんな感じで付けちゃうと、外しにくかったです。
あと、子供が作ったライトセーバーとか、キングジョーっぽい何かとか。

帰る前にベンカンの方と少しお話しをさせていただきました。色はとりあえずこの5色でのラインナップだそうです。
兵庫県尼崎の会社ってこともあって、私も応援したいと思っています。

Tublock(チューブロック)Facebookページ
Tublock チューブロック Twitter

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告