白色彗星 都市帝国(宇宙戦艦ヤマトより)

まず、この作品の記事を読む前には準備が必要です。
オススメはYouTubeのこちらの動画でして、これをまず再生して来て下さい。(※もし消えてたりしたら適当に白色彗星で検索してちょ)

用意は出来ましたでしょうか?雰囲気は盛り上がってきたでしょうか?
そしてあなたは「おっさん」でしょうか?

では、どうぞ!
そのまんま、レゴで作った白色彗星 都市帝国です。
けっこう以前からこの作品は構想にあって、私の最近のレゴビルドではいわゆる「再現系」作品はあまり作っていないんだけど、いろんなビルド要素を詰め込めて面白そうな題材だったので、いつか作ろうと考えていた。

今年(2012年)は、もう新作は作らない予定でしたが、ビルド意識の変化や製作上の閃きがあったりと、もう今作るしかない!という流れになったんで、完成させたって感じ。
大変でしたが納得のできかな。
中央の回転部はアニメと同じように電動で回転するように作ってます。気流が発生するぐらいですから、もっと速く回ってたような気がしますが、そもそもこんなにでかいものが高速で回転するとか・・・いやいやそもそもヤマトが・・・言い出したらキリがありませんw

LEDも仕込んでますので光らせることもできます。エクソフォースシリーズで使われていた光ファイバーケーブルも有効活用して。あとデジラさんで売ってた細い光ファイバーも使ってみました。このパーツなかなか面白いですよ。
ただLEDもそんなに明るくないんですよね。クリスマスツリーの電飾ぐらいピカピカできればいいんだけど。

細かい部分は全然アニメに出てきたものとは違ってますが、各部の特徴をレゴ的デフォルメしてるんで、雰囲気は出てると思うんですがどうでしょうか。
ここからは各部のビルドについて。

上半分は都市部。ビルドとしては一番最後になった行程。なるべく放射状に配置しながら、中央に向かって高さが上がっていくように建物を配置・調整しながら仕上げた。とにかくしんどかった。

実際アニメにでてきたものは、もっと一つの建物が小さくてみっちりと密集してますが、それは無理なんで雰囲気再現ですね。建物の形も全然違いますし、中央の一番高い部分も完全にオリジナル。
資料は、DVDを借りて見ただけですから・・・

何度もパーツ不足になり、見えない部分は黒とかライトグレーに差し替えてダークグレーを捻出したり、子供のレゴのダンプカーの荷台に入っていた1x1丸ブロックを奪取したりと、涙ぐましい努力が注ぎ込まれております。

あと、動画撮影のため調整していたら、中央から崩壊して・・・動画のものとこの写真では都市の配置が違ってます。言わなきゃ誰も気づかないでしょうが。
都市部を外すとこんな感じ。さらに回転部のユニットも外れます。
ビルドで最初に着手したのは、この回転する部分。ここでまず直径が決まりますからね。

円周部はヒンジプレートをつないで簡単に作れるけど、それを固定する方法に悩んでしばらく放置。ベベルギアの小さいやつを取り付けてお互いで支え合うような感じで、円形状態を保持できるようにした。(このベベルギア自体は回転しませんよ)

元々円周部は設定上ミサイルが出てくる穴があるんで、1x2のビームを使うつもりだったし、電動で回転させるためのローラーとなるホイールパーツも取り付けることができ、いろんなことが一気に解決するいい案だった。
全体の構造的には強くないけど、回転するだけだから特に問題にはならないし。

Mモーターは当初1個だけで、その後XLモータにパワーアップしたりもしたけど、この2個を同時に取り付ける方法に落ち着いた。厳密にはあまりよくないつなぎ方かもしれないけど、動画を撮る時と人に見せる時ぐらいしか動かさないだろうから、まあええか。
白色彗星の特徴でもある、下半球のドーム。これの製作では「レゴで作った世界遺産展」が多いに役立った。
あそこで球状物体の製作例を実際に見れたし、組み方の雰囲気も学べた。なにより「積む」と言う刺激をもらった。

製作にあたっては、まず練習としてざっくりと組んでみて、その後本番製作の流れで。さすがにこんなのを組むのははじめてなので、パソコンで図面も書いたりして。レゴの図面なんて初めてですよ。

アニメでは完全な半球ではなくて、ラグビーボールに近いぐらいの楕円状につぶれた球形ですが、そこまでやっちゃうとせっかく球体を組むのに面白くないんで、ちょっとだけ縦に潰した形にしてみた。なんで完全な半球ではないです。でもこれぐらいの方が「星」な感じがして個人的には好き。

円周部は回転部のホイールローラーが乗る部分にタイルを敷いて。IRレシーバーが隙間からしか受信できないんで、リモコンの感度がイマイチなのが改善ポイントかな。
最後にヤマトと一緒に。本当はもっとヤマトは小さいですが。
でもお気に入りの一枚。

この作品は、基本ブロックやプレートを「積む」ビルド、テクニックの電動・リモコン、システムブロックを使った造形と、レゴビルドのいろんな要素で出来てます。自分の持てる力をつぎ込んだと言ってもいいかもしれません。それぐらいに私にとっては思い入れのある作品となりました。

もちろん宇宙戦艦ヤマトという元ネタありきですが、ただそのまま再現するんではなく、レゴらしくて、そして自分らしい表現の仕方ができたんじゃないかと。

一つ残念なことは、ダークグレーのパーツがもう無いってことですw 補充しないとロボがつくれませんよ。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告