ロックブレイカー MT-H1

構想15分、製作3日。寝食は忘れてないけど、久しぶりにレゴに没頭して作った作品。
そもそもは、いつかこの手のものを作る予定ではあったんだけど、ある方からの催促?もあり、タイミング的にもちょうどよかったんで勢いまかせに作ってみた。

構想15分のうち、半分ぐらいは構想のまま、他はその場の思いつきだけで作ってるんで、あんまり設定とかちゃんと考えてないんだけど、落石とか土砂とかガレキとかをひたすら破壊するマシーン。危険な現場での作業になるので遠隔操作で動かします。

もちろんレゴ的にもリモコン操作で、キャタピラでの走行とドリルの回転、LEDライトの点灯が可能。まあこの見た目でキャタピラもドリルも動かんかったら何がしたいねんってことになりますわな。
前に付いているホイールは独自で回転しないで、前輪のみ接地させて後輪へはギアでその回転を伝えている。なのでめっちゃ推進力のありそうなマシーンに見えて、実はちょっとした段差も乗り越えられないしょっぱいヤツ。
そもそもこのキャタピラ自体がけっこう「滑る」ので、トライアル的なものを作るのにはあんまり向いてないかもしれない。もちろん屋外の土や道路上で動かせばまた違うんだろうけど、そんな勇気はない。いろんな意味で。

元々のお題的には「重機」なのですが、出来上がってみれば重機っぽさが薄めに仕上がってしまった。シリンダーとかアームとか重機っぽい記号をもう少し入れたかったんだけど、設置スペースとか全体のバランスとかもあって。ただしオシリだけは、お尻だけはなんとか実在重機っぽくしたんで、まあこれで何とか。

そのおしりはパカッと開いて、電源ON、OFFと、電池交換用にずるっと電池ボックスを取り出せるようになっている。
機体中央部は遊び要素で、透明の窓からギアの回転する様子が見られるようにしてある。ドリルはけっこう高速回転。
LEDライトはこんな場所につける予定じゃなかったんだけど、ここの反対側に取付けている、三角のテクニックパネルパーツの相方が見つからず・・・スペースを埋めるためにここに取付けた。結果オーライか?

今回は一つ前にアップした作品と合わせて、久しぶりにflickrにもアップした。使い方が良く分からんので手探りで。コメントとかついてるの放っといていいのかな。日本語でコメントしてくれw

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告