• LEGO(レゴのこと)
日々の制作物やアイデアなどブログスタイルで随時アップしています。
  • BrickJapanサイトを作りました

    レゴブロックを趣味として楽しんでいる方達に利用してもらえればいいかなっと思い、レゴ関連のサイトを作ってみました。

    BrickJapan -ブリックジャパン-
    私がレゴブロックをはじめた数年前は、個人のホームページやブログでレゴ作品を作っている方を認識していた程度で、日本にどれぐらいレゴブロックを趣味としている方達がいるのか分かりませんでしたが、今はTwitterがあるのでたくさんのレゴファンがいて、いろんな作品を作っていることが分かります。

    ただTwitterだけだとフォローの関係であったり、常にすべてのツイートを追えるわけでもないし、またオフ会の告知などがあっても見逃してしまったりと言うことがあるので、Twitterでのコミュニケーションを補完できるようなサイトがあれば便利かなってことでBrickJapanサイトを作りました。

    よかったら利用してみて下さい。
  • 大阪大学いちょう祭 レゴ部展示(5/2・3)

    今年も大阪大学のいちょう祭にて、阪大レゴ部の作品展示を行います。
    5月2日(金)、3日(土)の2日間です。

    場所は昨年11月のまちかね祭の時と同じ、「大阪大学豊中キャンパス 共通教育棟 C106」です。

    今回、私は両日とも参加できないのですが、作品は展示できるようにする予定です。
    あんまり展示できるような新作を作れていないのでどうしようかな・・・
  • HispaBrick Magazine

    スペインのレゴ雑誌「HispaBrick Magazine」の最新号が発刊されて、昨年日本に編集者のルイスさんがこられた時のことが記事になっています。
    PDF形式で無料でダウンロードして読むことができますよ。

    HispaBrick Magazine 019

    28ページからがその記事となっていて、阪大レゴ部のことや日本のレゴファン事情などいろいろと書かれているのですが、私が持って行った香川&トーレスのミニフィグのこともちゃんと書いてあって、めちゃくちゃ嬉しい!
  • 【Kindle】Waka's Mech World

    Amazonの電子書籍Kindleで作品集を出版しようと以前から計画していて、少しずつ制作を進めていたものがようやく出来上がりました。本のタイトルはいろいろ悩みましたが、直球勝負で。

    私の最もお気に入り作品である歩行戦車シリーズを10点掲載した作品写真集です。
    このサイト上で作品として未公開のものも3点。そのうち1点はクリブリのコンテストに出していたものです。

    写真をすべて撮り直ししていたので時間がかかってしまったのですが、その分きちんとした内容に仕上がったのではないかと思います。

    こういった活動も作品制作の一つのモチベーションとなりますし、なにより自分の作品を本としてまとめて発信できるのは、モノづくりをしている上ですばらしいことではないでしょうか。

    Waka's Mech World
    (Amazon.co.jp)
    とりあえず日本のAmazon.co.jpサイトのリンクですが、各国のAmazonサイトでも同様に販売されています。

    Kindleや電子書籍についてはこちらの記事も合わせてどうぞ。
    電子書籍でレゴ本を読む
  • ミクセルを組み替え

    もうみんな入手しているかと思いますし、いまさらセットの内容についてどうのこうの書きませんが、今回はレゴミクセルシリーズを使って組み替えをしてみました。

    同じ種類(種族)の3体を使って組み立てる「MAXモデル」が公式にもありますが、オリジナルの組み替えにチャレンジしています。
    はじめに作ったのが「エレクトロイド族」の3体で「キングギドラ」をモチーフにした怪獣。
    目のパーツがこの種族だけ3種類あるので、どうせなら全て使って、黄色で、電気属性で・・・と考えて行き着いたのがキングギドラでした。

    まあ全然違いますけどね。でも、そういった要素を取り入れた組み替えを考えるのも楽しみ方のひとつだと思います。

    この組み合わせはプレートが少なくて、組み立て自体が難しめです。余りパーツにはまだまだ使えそうなものもあるので、もうちょっとなんとか出来たかなって感じはします。
    続いて「クラッグスター族」を3体使ったものとして、素材を活かす意味でごつごつした怪獣っぽいものがいいんじゃないかってことで、映画「パシフィックリム」に登場した「ナイフヘッド」を題材にしてみました。

    もちろん、あくまでもそれっぽい再現ですけどね。頭部さえ雰囲気出ていればそれらしく見えると思います。

    再現ってことで、余計なパーツは付けない方向性なのもあって、余りパーツは多め。
    最後は「インフェルナイト族」を3体使ってドラゴンを作りました。これといったネタが思いつかなかったのでオーソドックスにドラゴンをモチーフに。

    この組み合わせが一番パーツのバランスはいいかもしれません。ただ全体的に基本ブロックがほとんど入っていないので、どうしても造形が難しくなります。

    炎のパーツがあるのでこれを使わないと意味が無いと言うか、やはり特徴的なパーツを使うことが組み替えの醍醐味でもあると思っていますので、不自然にならないように盛り込みました。

    余りパーツも少なめで、無理矢理パーツを使った感じもないので、これが一番いい出来かな。
  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • プログラボ
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • 広告