• LEGO(レゴのこと)
日々の制作物やアイデアなどブログスタイルで随時アップしています。
  • クリエイター モンキー&バードを組み替え(31019)

    昨年のクリエイターセットもいい内容のものが多かったのですが、今年のクリエイターも今までになかったようなテーマのものがあって好感触です。
    31019 モンキー&バードもそのうちの一つで、動物をテーマにしていて、3種類の異なった動物を組み立てることができます。(3つは同時に作れません)

    さっそく組み替えにチャレンジ!
    パーツ構成的に、1幅の茶色のプレートが多めなのと動物の指を表現するためのロボットアームのパーツもたくさん入っていて、昆虫の何かが作れそうかなと思いました。
    ただ、茶色のパーツだけでは足りそうになかったので、タン色も同時に使える題材で思いついたのがヘラクレスオオカブト。

    背中のつぎはぎが少ないパーツでがんばってる感が出てるでしょ。
    本物の色とは異なりますが、イメージは伝わると思います。
    新パーツの目玉がプリントされた2x2丸タイルが入っているのもこのセットの特徴なので、それを使った作例としてライオンを作ってみました。

    このセットで組み替えするのが難しいポイントとして、基本ブロックの少なさがあります。
    セットオフィシャルの組み替えでも手足をデフォルメしたものになっていて、きちんとした造形にするのが難しい。
    もう一つ同じような構成で作ったのがウサギ。耳がたれたタイプのウサギを作ってみたのですが、かなり微妙な出来になってしまった。

    このセットはいろんなパーツが入っていて、パーツの使い方、使い分けの参考にはとてもいいセット内容ですが、パーツに偏りがあったり、特殊なパーツも多めです。
    他には、作りかけでボツにしたトナカイ。

    顔とか胸の造形、色分けまではいい感じだったんですが、体と足にまわすパーツが足りなくなってここまで作ってやめました。
    こちらはボールジョイントパーツを目に見立てたセミ。

    ちょっと作ってみただけw
  • 小箱セット組み替え(31013)

    前回に引き続き、クリエイターの小箱から31013 レッドサンダーを組み替えしてみました。
    このセットはブラケットやクリップ・ヒンジ類が少なめで、いろいろやるにはちょっとパーツ構成がイマイチ。
    プロペラのパーツを使いたかったけど、どうしても制約がでてしまうので使わないことにして、スターファイター仕立てにしました。

    機首から機体後部へ向かって、1幅 - 3幅 - 2幅と変えることで航空機のボディのフォルムらしさが出るようにしています。

    1x2のカーブスロープが赤が4つ、ダークグレーが2つ入っているのは嬉しいポイント。
    今年発売のセットは、この便利な1x2スロープの入ったセットが多いので、オリジナル作品にも積極的に使って行こうと思います。
  • 2014年2月新作セット

    今年はすでに分かっているだけでもかなり魅力的なセットが多くて、しかもまとめて一気に発売されるんで、購入するセットを絞り込むのが大変だったり。

    すでにパーツはたくさん持ってますので、セットを購入する基準は欲しいパーツが入っているかどうかになるのですが、セットとしての完成度とか面白さなんてのも購入する決め手になったりします。
    あとはセールになっていて安いから・・・なんてのもありますね。

    2月の新作で購入したものをざっくりと紹介します。

    ちなみにセットを組み立てたのは、ほとんどうちの子供です。ところどころ向きを間違えたりもしますが、一人でもセットを組めるようになってきたので、勝手にどんどん作ってしまいます。私が組もうと思っていたものまで・・・
    ヒーローファクトリーシリーズは昨年あたりからちょっとずつ買うようになったシリーズですが、今年からは一般販売されるようになったので、近所の家電店やネットショップなどで簡単に入手できるのがいいですね。

    今年のシリーズの特徴は、ヒーローのミニフィグがロボットに乗って操縦するスタイルになったこと。
    以前までは「生命体」でしたが、この変更によって「ロボット」として捉えることができるようになったので、より自分の好きなイメージに近づきました。

    敵側も明確にヒーロー側とスタイルが異なるので、商品展開的にも分かりやすくなっているのではないでしょうか。
    単体の「おもちゃ」として考えた場合でも、そこそこ手頃な価格だと思います。
    3月にLEGO® ムービーが公開されるので、そのセットもたくさん発売になりました。

    映画を観ていないと何が何なのかさっぱり分からないセット構成のものも多いので、映画を観てから欲しくなったのを買ってもいいですね。
    とりあえず、ピンクのパーツも入手できるし、セット内容的にもよさそうなアイスクリームマシーンをチョイス。ついでに主人公エメットのミニフィグやピンクのネコ(ユニキャット)が入った雲の上の宮殿も買ってみました。

    まだ他にも映画のセットは発売になるようなので、とりあえずってとこですね。
    スターウォーズシリーズもたくさん発売になりました。

    内容的には過去の焼き直しのものも多く、欲しいなと思うセット構成のものはあまりなかったので、スターウォーズは完全にパーツ目当てです。
    このヴァルチャー・ドロイドには、大好きなサンドブルーとダークグリーンが入っているので迷わずチョイス。入手頻度が低い欲しい色のパーツはちょっとずつ集めています。

    パーツ買いで欲しいパーツだけ狙って買うパターンもありますが、スターウォーズシリーズは基本的にグレー系のパーツがたくさん使われているので、よく使うパーツが入っていることも多いですね。
    とりあえず組み立てたものだけざっくりと紹介してみました。
  • 小箱セット組み替え(60053、31014)

    いろいろと2014年の新作が発売になっていますが、クリエイターシリーズの新作など、組み替えしやすく遊びやすいセットが発売になりましたので、また組み替えビルドで遊んでいこうと思います。

    今回は小箱を2点使ってみました。
    まずはシティシリーズの60053:レーシングカー。
    スロープパーツが豊富でパーツ構成が良く、お手頃価格なので一つは買っておいてもいいセットです。

    ルーフを作るところまでパーツが足りませんでしたが、セットそのままとはまた違った自動車になっていると思います。

    全然違うもの、たとえば飛行機なんかを作るのもいいですが、車のセットをいろんな車に作り替えたりするのもいいですね。
    こちらは、31014:クリエイター パワーディガー。
    潜水艦のような宇宙用飛行機のような、何かそんなイメージで作ってみました。

    パーツ数が少ないですが、ヒンジやスロープ、ブラケットと、いろいろな組み方ができるパーツ構成ですので、組み替えチャレンジしがいのあるセットです。
  • カーゴプレーンを作った

    なかなかまとまった時間がなくて、晩ご飯を食べた後とかのちょっとした時間を利用してちびちびと作ってましたが、ようやく完成。
    モーターはMモーターが1つだけでちょっと寂しいですが、白いパーツもりもり。
    こういうギアボックスを組みながら、どうやって動きが伝わって行くのか想像するのが楽しい。
    なんでこのパーツを使うのかとか考えながら組むと、より深く理解できると思います。
    普段は付属のステッカーを貼りませんが、このセットはちょっと貼ってみたくなりました。

    でも、バラして何かを組むことになった時に使いにくくなるのでガマン。
    ようやく完成。

    こうやって、ちょっとずつじっくりと考えながら組むのもいいですね。
  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • プログラボ
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • 広告