• LEGO(レゴのこと)
日々の制作物やアイデアなどブログスタイルで随時アップしています。
  • 【書籍紹介】バーティカルマシンクロニクル3

    zizyさんの新刊「バーティカルマシンクロニクル3」をご紹介。

    バーティカルマシンクロニクルシリーズの3巻目で、今回は前回の2倍のページ数の164ページという、とんでもないボリュームになっています。
    ちなみにこちらが1と2。

    サイン入りw
    こんな感じで100体以上のロボット作品が掲載されていて、それぞれにロボットの設定が記載されています。

    ロボットを見て楽しむのも、設定を読みながら世界観を妄想するのもいいですね。

    それぞれフロントとバックのショットは必ず入ってますので、組み方の参考にするのもいいと思います。
    写真を撮って加工するだけでもかなりの労力なのですが、それぞれに設定を考えてそれをテキストにできるのがスゴいのです。私もロボット作品を制作する時は、脳内妄想で機体の設定や世界観を考えているのですが、それをキチンと文章の形にするのはなかなかできることではありません。

    しゅっとしたスタイリッシュなものから重量級なものまで、いろいろなスタイルのロボットが掲載されているので、自分が普段作るロボットのサイズがミニロボじゃなくても、デザインやディテール、配色なんかも参考にできるでしょう。

    私の作った「GS搭載艇」も掲載してもらってます。kwiさんの大型作品も掲載されていて、実物をオフ会で見させてもらったんですが、もうかっこよすぎて枕を涙で濡らしたのは言うまでもありません。

    たぶんAmazonやデジラさんでの販売もあると思いますので、メカ・ロボ好きな方ならぜひ入手してもらいたいです。
    ちなみに・・・こんなに分厚いですw
  • 70168:ドリレックスのダイヤ強奪はいいものだ

    今年もいろいろと気になるセットの発売が予定されていますが、その中でも、ウルトラエージェントシリーズの「70168:ドリレックスのダイヤ強奪」がめちゃくちゃいいセットなので、個人的に猛プッシュしたいと思います。

    発売は2月なのでまだ入手できていませんが、パーツリストとインストラクションはすでに判明しているので、その情報をもとに記事を書いています。
    まずはパッケージから。

    ドリル!
    キャタピラ!
    買うしか無い!
    単純にメカとしてかっこいいのですが、本体下部に仕込まれたタイヤを通じて各部に回転の動きが伝わるようなギミックが入っています。なので、このマシーンを前進後退させるとキャタピラが回転するのと、前面についたドリルユニットが回転しながら、2個のドリルもそれぞれ回転する仕組みになっています。

    歯車の伝達の仕組みや工夫が勉強できる!
    知育玩具!

    あとスマホアプリと連動してなんかできます。

    現代的!
    ぱっと見ただけでも分かりますが、たくさんの歯車パーツが入っていまして、歯車パーツを入手するにはテクニックシリーズのセットが一番なのですが、いろいろな種類の歯車をたくさん入手しようとすると、複数のセットを買ったり、大きなセットを買う必要があります。

    ところが、このセットには同価格帯のテクニックセットと比べても、より多くの歯車パーツが入っていてかなりお得なパーツ構成になっています。
    24歯ギア:8個
    4ポッチ間隔で合わせることができて使いやすいパーツ。
    16歯ギア:5個
    3ポッチ間隔で合わせることができて、コンパクトにまとめることができるのでよく使います。
    20歯両面ベベルギア:2個
    12歯片面ベベルギア:3個
    ベベルギアは歯車の向きを変えることができます。12歯の方は半分の厚みで片側にだけ歯がついたタイプです。
    28歯ターンテーブル:1組
    2つをくっつけてターンテーブルとして使います。使い方は限定されますがこのパーツ自体に強度があるので、回転させたい箇所を強くコンパクトにできます。
    プーリー&タイヤ:1組
    このセットではタイヤとして使っていますが、プーリー自体は輪ゴムを使って動きを伝えたりする用途でも使えます。
    ドリル(大):2個
    ドリル(ミニ):3個
    ドリルのパーツはいろいろなセットにも入っていますが、色がバラバラだったりして同じ色を複数入手しにくかったりしますが、このセットはフラットシルバーの一番かっこいい色が2つ入っています。
    キャタピラパーツ:82個
    最近ではいろいろなセットに入っているので入手が簡単になりましたが、キャタピラパーツはやはりたくさん持っておきたいパーツです。
    他にもこのキャノピーパーツとかもいいですし、なんと言ってもこのミニフィグがかっこいい!オフィシャルの状態でこの完成度。

    こんな感じで、楽しいギミックがあり、セットとしての完成度も高く、パーツ構成もイイ!オススメのセット。
    発売は2015年2月の予定です。


    レゴ ウルトラ・エージェント ドリレックスのダイヤ強奪 70168


    ■ハピネット・オンライン楽天
    【送料無料】LEGO 70168 ドリレックスのダイヤ強奪(おもちゃ)
  • ゴジラとモスラを制作中

    来年にあるKLUGの展示イベント用にゴジラとモスラ(幼虫)を制作中です。
    どちらも電動で動かせるように作っています。
    ゴジラの上半身。
    頭部は目と口が動くようにしてます。

    個人的には今時のように頭が小さいやつより、昔のゴジラの頭でっかちなスタイルが好きなのです。
    脚は歩行ではなくて、足の裏のキャタピラで動きます。

    左右を交互に動かせばなんとなく歩いてる感じが出るかな?
    ゴジラの歩き方ってそんなイメージですからね。

    ただ重量との戦いなので、最終的にちゃんと動くかかなり心配。
    モスラは映画で見ると、頭部を上下にふりながらちょっとずつ進むイメージなので、そんな機構を作りました。

    で、モスラの写真を検索してたら、なんかそんな感じのラジコンおもちゃがあったようで、ほとんど同じような動きでした。

    もう一回りぐらい大きくしようかな。
    とりあえず現状こんな進捗。
    機構的にはほぼできてる状態なので、肉付け作業をしながら細部の調整ですね。

    Vineに動画をちょこっとアップしてます。
  • 【PDF本】ブロックあそびのガイドブック

    ブロック遊びの初心者や子供達向けに「ブロックあそびのガイドブック」を作りました。PDFファイルにて配布です。

    これまでに「子供にブロック遊びをもっとやってもらいたいけど、自分も分からないので教えられない」って話しをよく聞いていまして、たしかにそういったガイドブック的なものはあまり見かけないですし、まとまった情報も無いように思います。
    通常は「遊びながら覚える」ものではあると思いますが、そんな時間はなかなか無いですしね。
    そういったお父さん、お母さんのご意見があったので、少しでもその役に立つような初心者向けの何かを作ろうと思い、誰でも簡単に見れる形式としてPDFで作成しています。
    パソコンやタブレットなんかで見るのもいいですし、印刷していただいてもいいと思います。また、お子さんが一人でも読めるように、解説部分はすべてひらがなとカタカナで記載しています。

    基本的なパーツ、よく使うパーツを選んでコンパクトにまとめましたので、まずはこの本からはじめてもらうといいと思います。
    ダウンロードする(無料)(PDFファイル容量 約14MB)
    無料でもご利用いただけますが、内容が気に入って継続利用していただけるなら、代金のお支払いをお願いします。

    代金は300円です。
    PayPalでの決済のみとなっていますが、PayPalアカウントが無くてもクレジットカードでお支払いいただけます。

    このボタンをおすと、おかねをはらうがめんにかわります。かならず、おとなのひと(おとうさん、おかあさんなど)に、みてもらってね。

    なお、歯車やモーターを使うテクニックシリーズについて詳しく知りたい場合は、五十川 芳仁さんの著作「LEGO Technic 虎の巻」を、ぜひお求め下さい。
  • 2015年新商品クラシックシリーズ

    2015年発売の新商品で、新しい基本ブロックシリーズが発売されるのですが、種類が多くてどれを買えばいいのか良く分からないので、ちょっとまとめてみます。

    この記事を書いている時点では、ピース数やパーツの内容が判明していないので、商品写真を見て判断してます。
    1x1丸タイルの新しい目玉プリントが2種類出ますが、どのセットに入ってるかは確実に判断できないので考察対象にせず。
    レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス<ベーシック> 10692

    一番安いやつでケースもかわいい。さすがにパーツが少なすぎる。
    レゴ クラシック アイデアパーツ <ベーシックセット> 10693

    普通の箱入りなので、ケースが欲しくない場合はゴミが少なくて助かる。個人的にはダークブルーの基本ブロックが入っているのが嬉しいポイント。実売2,000円程度なのでお手軽だし構成も悪くない。
    レゴ クラシック アイデアパーツ <明るい色セット> 10694

    こんなセットが欲しかった~って声はたくさんあると思います。パステル系カラーのセット。価格は上の10693と同じだし、それほど高くないので1つは買っておいてもいいかな。
    レゴ クラシック アイデアパーツ <スペシャルセット> 10695

    ボックスの形も価格も10681:くみたてキューブ と似た感じ。色数が多い分、このセットだけで何か作ろうというのは、逆にやりにくいんじゃないかな。クリップパーツとかもあんまり入っていない感じがする。
    レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス<プラス> 10696

    ボックスが収納ケースとして使えるのと実売3,000円代なので、青バケツの代わりと言うか、とりあえずまず買ってみるのにはいいセットかもしれない。色数が無駄に多いのが気になるけど、タイヤが多めなので乗り物を作ったりはしやすいかな。建物系はダメ。
    レゴ クラシック 黄色のアイデアボックス<スペシャル> 10698

    実売5,000円弱ほどはするので、がっつり欲しい場合かな。ただやっぱり色数が多い分、作りにくそうな気がする。あとタイヤも少ない。パーツ数がどれぐらい入っているかがポイント。
    【まとめ】
    全体的に中途半端感があって、明るい色セットみたいに、もうちょっと構成する色でセットを差別化したほうが買いやすいと思う。パーツ数と価格が違うだけで似たような構成ばかりだから、どれを買うべきか迷う方も多いんじゃないかな。初心者向けなセットでもあるわけだし。

    10693と10694を1つずつとかって買い方は悪くないかも。
  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告