ミニマムコックピット

特にロボットものを作るときはそうなんだけど、まずはコックピットから作り始めます。
フィグ乗りにしない場合はそうとは限らないんだけど、フィグ乗りロボの場合はまずコクピットを作ってから手足を生やしていくような感じになります。
もちろん人それぞれだとは思いますが。

大きなものを作るならコックピットなんて後でどうにでもなる場合もあるけど、それでも後から制約が出やすいコックピットの構造は重要なのであります。
で、何を作るってわけでもないんだけど、出来るだけ小さくコックピットを作ってみたのがこれ。
後ろの部分にはいろいろ拡張できるように、とりあえず穴とかクリップとかを付けてみてある。もちろん風防は開閉式。

ロボにも車にも飛行機にもなりそう。こんな感じでいろんなタイプのコックピットをストックしておくのも、もしかするといい考えかもしれない。

ちなみに、フィグはゾンビくんじゃなくて普通にヘルメットなんかをかぶっていても、風防はちゃんと閉じれます。アフロとかでかいズラはさすがに高さを上げないと無理だけど。アフロ丸出しでロボを操縦するやつもいないだろうけど。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • プログラボ
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • 広告