レゴ収納(プリントタイル&ミニフィグ)

久しぶりにレゴのパーツ収納について。
過去のパーツ収納に関する記事はこちら

普通のパーツについては基本的にはパーツの形ごとに100均のタッパや収納ケースに、基本ブロックは色ごとに書類ケースにってのが基本です。これはずっと変わらぬやり方なんですが、いまいちベストな収納に至っていなかったのが「プリントタイル」と「ミニフィグ」。

プリントタイルはよく使うもの、ジャンルごとにビニールバッグに入れたりしていたんだけど、本当は薄いケースに見渡せるように敷き詰めたい・・・って、ずっと思ってたんですが、ついにそれが実現!
これは、100均で見つけたA4サイズの薄い書類ケース。もうこんなのがずっと欲しかったのよ。
理想はB5ぐらいだったんだけど、これでもOK。
書類を挟むクリップ状になった部分があって、しかも穴になってるけど落ちることはないし、いちおうテープで塞いでおけば問題無し。

このベタ~っと敷き詰めて、どれを使おうかな~って選ぶ時間が楽しいんです。
パッと見渡せるし、ジャラジャラかき混ぜなくて済むからプリントが痛む心配も無いし。

これで、やっとプリントタイル収納が解決。
続いてミニフィグ。ミニフィグも種類によって大雑把にビニールバッグに小分けしていたんだけど、
・種類ごとにわけるのが面倒
・どこに何があるのか分かりにくい
・何を持っているのか把握できない
と、どうしようも無かったんですが、これも普通にA4の書類ケースで解決。

どこの100均でも、まあ売ってるだろうし、定番商品だからそうそう無くなることもないし。
収納は入手しやすいのと、継続して同じものが入手できるのも大事なのです。

ニンジャゴーなんかのヘビヘビやホネホネのかさばるフィグは、別途普通のパーツケースに入れてましたが、これは同じA4の書類ケースの分厚い方のやつにざっくりと。
ざっくり収納できて、パッと見渡せるのが一番いい。
ついでに見つけたこんなケースも。
蓋が2つあってそれぞれでオープンできて、片方は仕切りが入っている。

厚みがちょうど良くて、厚すぎず薄すぎず。とりあえずミニフィグのかぶり物を入れてみた。
こういうのもちょっと厚みのあるケースだと探すのが大変になるんだけど、一発で見渡せるから少々雑に混ざっていても分かりやすい。

目的のものを探しやすいのが一番大事だけど、収納時に手間がかからないのも大事。
このバランスを自分なりに考えて、一番やりやすい収納方法を探すのも、また楽しいんです。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告