ロボットの作り方(19)胴体を作る - その4

胴体制作の続きです。
今回はフロントで残っている、お腹のところ。
さくっと行きましょう。
背の高いスロープは1x2のものが2つですが、組み合わせて使うので2x2のものを1つでも大丈夫です。

以下、組み立て手順です。
今回のポイントは側面のディテールです。

正面から見るとタイルパーツを使っているのもあって、わりとシンプルで平らな印象ですが、斜めや側面から見ると、スロープの段差やギザギザしたパーツのおかげで、メカっぽい感じがすると思います。

正面は厚い装甲が施してあるという設定もそうですが、どこもかしこもごちゃごちゃしたパーツを使ってしまうと、全体がごちゃついてしまって、見せたいポイントも埋もれてしまいます。
ディテールアップのためのパーツや組み方はいろいろありますが、簡単に使えるのがこれらのパーツかな。

よく「情報量を上げる」なんて言い方をしますが、基本ブロックと置き換えるだけで、表面になんらかの「情報」を加えることができるので、とても便利なパーツです。

ただ、使いすぎないようにほどほどに・・・
次回は背中と肩の組み立てをして、胴体制作をいったん終了する予定です。