ガーマドンのホネホネ列車

ネタとしては前から考えていて、気が向いたら作ってみようぐらいのつもりだった。とりあえずシンボルとなるホネホネヘッドをテスト的に作ってみたら、そこそこいいものが出来たので制作を進めることにした。
車輪周辺の作りはエメラルドナイトを参考にしている。一番の見せ場はやはりホネホネヘッドではあるんだけど、ロッドにバイオニクルパーツを使用しているのもちょっとしたポイント。
ただこいつのおかげで、実際に動かした時にあっちこっち干渉しまくって調整がえらい面倒だった。でもお気に入りの部分。
これに合わせてニクルっぽいパーツをちりばめようと思っていたけど、結局他にはぴったりハマる箇所がなかった。そもそもニクル系のパーツ自体そんなに持ってないし。
目の部分はいつものパワーファンクションライトでピカッと。
ニンジャゴーのテーマ自体がトンデモ設定なんである意味なんでもありなんだけど、機関車っぽい重厚な感じを出しながらも、ホネホネ要素を使っていかにもニンジャゴーな感じに仕上げた。
まあ、ネタ作品だからそんなに難しくは考えてません。
ミニフィグを配置して遊べるように、あっちこっちにポッチを出しっぱなしにしたり、バーを配置したりしている。おかげで子供が勝手にいろんなところにミニフィグをくっつけて楽しく遊んでました。

今回も動画を撮ってみたんだけど、結局線路上をぐるぐる回っているだけでなんにも面白くなかったんで、今回はもう動画はなしにした。スピナーをぶつけてみたりもしたけど、激しくしょうもなかった。

レゴテーマを元にしたオリジナルビルドって、元ネタがあるのでいろいろ展開しやすいです。
特にニンジャゴーはネタ満載だし、さらに来期の商品構成はさらにぶっ飛んでいて、逆にこの作品が純正のセットじゃないかと思えるぐらいにw

制作過程の記事はこちら

【10月26日追記】
走行動画をYoutubeにアップしました。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告