歩行戦車 AFB-10 Androctonus

今年の制作目標であったモノの1つ「タンメインのカラーリングの何か」を作った。
一応は色的に砂漠戦用のロボをイメージしていたけど、具体的に何を作るか決めずに、まずは何となくカッコいいメカの一部をいろいろ作り、それらを組み合わせて全体像を探るような手順で。

ロボだったりスターファイターだったり、いろんな可能性があったんだけど(迷走していただけですがw)、最後に降りてきたのがこの多脚メカ。ロボじゃなく歩行戦車ってイメージ。
最終形が見えてからは、睡眠時間を削って一気に完成まで持って行った。
今、この記事を書いている瞬間も相当眠いです。
今回のビルドテーマは「精細なメカ表現」。
安易なパーツの使い方で終わらせないで、もう一手考える。もう一手間二手間かけてみる。そんな感じでやってみた。

ただこれもバランスが大事で、戦闘メカとして作るのにあっちこっちに細かいメカが露出しているのは、ちょっと違う感じがするし、かと言って、装甲に覆われてのっぺりじゃ面白くない。
そこらへんのさじ加減も重要なわけです。

最後の方はやや集中力も途切れて安易な方向に進んだ感もありますが、カラーリングも含めてほぼ納得行く仕上がり。すっきりした部分とゴチャメカ部分のバランスもまあまあかな。
お尻にはウインチを、足の内側横っちょには、シャベルやツルハシを取付けてミリタリーテイストを加味。
こういうのを取付けてる時ってけっこう楽しい。
なんかどんどん現実味を帯びてくると言うか、こいつが動いている姿が想像できるんですよね。
(私だけですね、そうですね)

こっちサイドの副武装は定番のガトリング。弾帯(アモベルト)は、テクニックリンクパーツを使うのが定番だけど、ちょっと前にヒーローファクトリーのセットで入手した軟質パーツを使った。
ヒーローファクトリーは初めて買ったのですが、これがやりたくて買ったようなもんです。

制作中は大丈夫だったんだけど、撮影の為に紙の上に置くと、足裏が滑って自立出来ないことが判明。脚をまっすぐ閉じていれば問題ないけど、ポーズ的にかっこ悪すぎて・・・
ここは、かかとのパーツをゴムパーツに変更することで、ぐっとグリップできるようにした。
でも、後付け感バリバリですねw
主砲はウォームギアを使って上下の角度を変えられるようになっている。ロックヒンジと違って角度をほぼ無段階に決められるし、荷重にも耐えられて、わりとコンパクトに組めるから好きな組み方。
見た目もメカメカしくてかっちょいいですしね。

旋回はちょっとだけ可能。
撮影後に砲身をもうちょっと伸ばせば良かったなぁって思って、でも再撮影とか面倒すぎて無理なんで・・・う~ん、悔やまれるポイント。
ミサイルランチャーもなにげにお気に入り。ミサイルが縦横に整列してるよりかっこいいでしょ。
シリンダーやダンパー的な表現は積極的に見せたいポイントなんだけど、丸見えじゃ弱点をさらけ出しちゃってるんで、ちょろ見せで。
でもそれじゃあやっぱり寂しい感じもするんで、カバー式にして見せられるように。

コックピットはこんな感じでハッチオープン。制作中にここをでっかく作りすぎて、全体バランスがおかしくなった箇所。
もっとコックピット内をリッチな作り込みにしていたのをやめてシンプルにした。
座席部分はロックヒンジで接続しているので、フィグの乗せ換えなんかの時に簡単に取外し・取付けが可能となっとります。

タイヤを取付けて自走できるようにしても面白いかなと思ったけど、ちょっと世界観が違うのでやめた。
今回は、久しぶりに正統派な真面目なメカを組んだ気がする。
ただ、いつものことだけど行き当たりばったりで勢いで仕上げたビルドなもんで、全体的に関節の強度が足りない。
ロボットのようにグリグリ動かして遊ぶこともないだろうと、そのままにしていたからだけど。

他にも武装を変更してみたり、もっとメカメカしく改修したいポイントもあるんで、いつものように作ったらオシマイじゃなくて、少しずつ手を入れていきたいなぁなんて思ってます。
このサイズのものを安全に置いておくのも難しいんですが、今回のモデルはそれぐらい愛着のあるものになりました。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告