近況報告など

生存証明のため、1年に1回ぐらいは何か書いておこう。
と、言うわけなんですが、ロボットプログラミング教室で講師&カリキュラム制作のお仕事をはじめて、そろそろ2年が経とうとしております。レゴ好きってのが元々あったのですが、プログラミングの仕事もずっとしていましたし、子供に接する仕事もしたかったし、とにかくやりたいことと諸々のタイミングが重なって現在に至るわけです。
そう言えば、さいとうさんのブログに、こんな記事がありましたね。
レゴを仕事にしたい人必見!LEGOワークガイド:関連企業編
他の記事にもありましたが、レゴの本を作ったり、オリジナルキットを販売したり、ワークショップやイベントをしたり・・・といろいろやってきた中で、ロボットプログラミング教室にたどり着きました。なので、一つ一つの経験の積み重ねですよ。ほんと。
教室では、EV3を使った授業やロボットを考えて実践しているんですが、他にもWROというロボット大会への参加もあります。特にエキスパート競技に出場するロボットは、レゴのパーツなら基本なんでも使ってよく、ここでもこれまでのレゴ知識が役立っているわけです。もちろん組み立てのことや、正確に動かすための知識も必要なんですが。

どんなことでも本気で積極的に取り組めば、道が開けるもんだね。うんうん。

しかし、趣味でシステム系のレゴをすることが全くなくなってしまったので、いつか復帰した時に新しいパーツの知識が追いつかないかも。自分の中での「ロボット」というものも、かっちょいいシステム系ブロックのメカから、プログラムで動くテクニック系ロボットになってしまったし。本にまとめようと思って、ちょっとずつ作ってた作品達も眠ったままだし。まあまたそのうちタイミングがやってくるでしょう。

子ども向け ロボットプログラミング教室 プログラボ

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • プログラボ
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • 広告