プリントパーツとステッカー

レゴ作品の仕上げ、ディテールアップにおいて重要なパーツの一つがプリントパーツです。

いろんな種類があって、いろんな使い方があって、ビルドの参考になるような事を書こうかと思いましたが、うまく書きたい内容がまとまらないので、またしても思いつくままにだらだらと書いて行こうと思います。

あんまりためになるような事は書いてないんで、おヒマな時に読んで下さい。

ステッカー貼らない派

そもそもステッカーは貼らない派だった私。

パーツをあまり持っていなかった頃は、貼っちゃうともうそのパーツはその使い方しかできなくなっちゃうってのが、たぶん一番の理由だったと思う。

安っぽくなるし、なんか子供じゃないんやからペタペタ貼るなんて・・・みたいな感情もあったかも。
あと、もしかするとプラモデルのデカールの名残があるのかも。デカールの余白とかが残ってるとイラッとくるタイプだったからw

とにかくステッカーはなるべくなら貼りたくない派だった。

セットを作っても飾って置いておくこともないんで、ステッカーを貼ってセットとして仕上げるってこともなかったし。

プリントパーツ大好き

そんなわけですが、プリントパーツは大好き。

コックピットを計器プリントのタイルで作ったり、外装のワンポイントだったり、部隊章として使ったり、ちょっとディテールが寂しい部分に使ったりと、いろんな場面で活躍してくれます。

プリントパーツでもカーズのやつみたいに、もうそれにしか使えないってのもあるし、いまいち使いにくいものもあるけど、逆にそのプリントパーツをうまく使えばおもしろいものが出来るかもしれなかったり。

例えば、バイク・ガレージでは、カーズのマックィーンのプリントタイルを看板に見立てて使ってみたり。

なので、セットを買ってプリントパーツじゃなくてステッカーだったりすると、がっくり来ちゃうんですよね。
せめて、汎用性の高いものはプリントパーツにしてよねって。
特に良く使うのはこのあたりのプリントタイルかな。
コックピットのパネルとか、メンテナンスハッチ内とか。

計器のやつはもうちょっとバリエーションが欲しいところ。

コックピット内は実際には見えにくいし、写真にも写りにくいけど、メカのスタイルによって地味に使いわけたりしてます。

そこはプリントだろがっ!

特に最近のセットでは、8110:ウニモグ U400とか、10220:フォルクスワーゲン T1キャンパーヴァンとか、エンブレムのタイルは絶対プリントパーツにするべきでしたよね。

いろいろな事情があるのかもしれないけど、そこはステッカーじゃあかんやろと。

だいたいね、ステッカーをまっすぐ貼るのがヘタクソなんですよ、私は。
2x2タイルや2x2丸タイルのちょうど中央に貼れてないとかっこ悪いでしょ。

ちょっとずれたから貼り直そうと思っても、よけいにおかしくなったり、粘着力が弱くなったり、ぼろぼろになったり・・・
逆にそこはステッカーでもいいだろってのがコレ。

ハリーポッターの顔やし、HARRY POTTERって書いてるし。

こんなの汎用性ないんだからステッカーでいいよ・・・

ステッカー活用派に

そんな私だったんですが、海外のビルダーさん達の作品を積極的に見るようになって、けっこうステッカーを有効活用しているのが多くて。カスタムステッカーと言うか、なんかレゴの純正じゃないやつを貼ってあったりするのもありますが、とにかくステッカーも使いこなしてみようじゃないかと。

たぶんこの作品ぐらいからかな、使い始めたのは。
スターファイター FX-2A
人魚マークのやつね。

耐久性に問題はあるものの、タイルパーツに貼って大事に保管しておけば、また後々使えるし。

でもね、「使える」ステッカーもなかなか無いんですよね。そのセットの内容まるだしのマークだったり、サイズが1x2とか2x2じゃなかったり。

ステッカーだけ買っちゃう

手持ちのステッカーを見ていて、これは使えそうだなって思ったのが、6867:ロキのコズミックキューブからの脱出と、7307:フライング・マミー・アタックのやつ。

6867の方はアベンジャーズに出てくる、SHIELDのエンブレムマークかな?2x2のタイルサイズで、部隊章として使えそう。
7307の方は2x2丸タイルのサイズで、こちらも汎用性が高そう。

ってことで、ブリリンで5枚ずつぐらい調達。これで同じ部隊で複数の機体とか作れちゃう。
デジラさんでも扱ってくれればいいのにね。

ミニフィグだって

ちょっと話しはプリントパーツに戻って、なにもプリントされてるのはタイルやブロックパーツだけじゃなくて、ミニフィグもプリントパーツの一つです。

写真のものは以前テスト的に作ったもの。ミニフィグの脚を使って計器パネルに見立てています。

特に最近のミニフィグはプリントも豊富で精細なので、いろいろと有効活用できると思います。

あと、ミニフィグの顔だってプリントですしね。

カスタムステッカーも

この作品については、またそのうちに紹介しますが、レゴコミック用に制作した車です。

カスタムステッカーを使用してもよかったので、バラの花やイバラ模様を描いてステッカーにしています。

コンテストに出したりしないのであれば、場合によってはカスタムステッカーという選択肢もありだと思います。

ちなみに使ったラベルシートはこちら。
カスタムステッカー用ラベルシート
と、いろんなことを書いてきましたが、プリントパーツもステッカーも、使えるものはなんでも有効活用しなくちゃね。あんまりベタベタ貼るのもあれですけど、ワンポイントでぐっと作品が引き立ちますから。

あと、まだ自分の中でこれでベストって収納方に至っていないんですが、プリントパーツの収納てのもまたいつか書こうと思ってます。