• Others(その他のこと)
  • 大人の科学マガジン Vol.33 卓上ロボット掃除機

    久しぶりに大人の科学マガジンを購入。
    今回の付録は「卓上ロボット掃除機」となっていまして、そう、ルンバ的なもの。

    いや~ちょうどルンバ欲しいなぁ~なんて思ってたんで・・・と言うのは本当ですが、さすがにこれで部屋中を掃除できるわけではないですけど、センサーを使わずに歯車の動きだけであっちこっち動き回るってことで、面白そうなんで買ってみました。
    前回のVol.32 電子ブロックminiもかなり気になっていたんですが、ちょっとお高いんでしょ~って感じだったので。
    (子供の頃はめっちゃあこがれてました)

    冊子の方はとりあえず置いといて、さっそく組み立て。
    本は後回しでまず付録・・・なのは、子供の頃に買っていた「学研の科学」と同じですね。

    ちなみに冊子の方は、付録の卓上ロボット掃除機の仕組みや本家ルンバの仕組み、その他もろもろの記事が掲載されています。
    パーツは組み上がったユニットや歯車などのパーツをネジ止めしていくだけ。
    小さめの+ドライバーと、あと単3乾電池が2本必要です。

    3枚目の写真は下側から見た所。白く丸いのはフィルターw ちゃんとそういうのも付いてるんです。
    透明のカバーはダストボックス。
    完成!実際動かしてみると、もちろんゴミも吸うし(あたりまえか)ぶつかったらちゃんと方向転換するし、テーブルの端っこに行っても落ちずにくるっと向きを変えます。

    まあ、めっちゃきれいに掃除してくれるわけではないですが、実用用途としてもそれなりに使えそうです。

    この機構をレゴに応用して何か作れないかな。
    動画は、大人の科学マガジンの公式ムービーでどうぞ。

  • アクリルロボット

    この前のタミヤのロボクラフトシリーズを組立てた。
    ものすごく単純な機構なのにガンガン動いて左右の旋回もできる。
    子供も気に入ってしきりに遊んでいる。

    他にもこのシリーズでいろんなロボットがあるみたい。
    タミヤ ロボクラフトシリーズ
    なかなか面白そう。
    んで、このロボットたちは「アクリルロボット」と言われるもので、三井康亘さんと言う方が作られているそうです。
    三井康亘ホームページ
    きまぐれROBOT研究所

    2002年からタミヤで商品化されていたそうな。
    私がタミヤの1/35ミリタリーシリーズのプラモを作ったり、タミヤニュースを愛読してたのが中学生の頃で、それからはタミヤとはご無沙汰でしたので、こんなのがあるなんて全然知らなかったわけです。

    書籍も出版されていますが、Amazonでもマーケットプレイスの中古本しかなく、図書館で唯一借りれたのがこれ。
    「アクリルテクノロボットの工作」昭和58年 第1刷。今時の本と違って文字も写真も白黒で完全に教科書w

    内容はセンサーを使ったものが中心なので、どっちかと言うとNXTぽいんだけど、歩行のリンク機構とか参考に出来る部分がありそう。
    特にタランチュラロボはぜひとも電動レゴで作ってみたい。
  • カブトムシvsクワガタムシ

    本日もレゴ以外のネタです。

    昨日おもちゃ売り場へ行ったついでに買ってきたのがこれ。
    ロボクラフトシリーズ No.20 2チャンネル リモコン・昆虫対戦セット(カブトムシ vs クワガタムシ)

    以前からセール品になっていて気になっていたんだけど、まだ売れ残っていて引き取り手がなさそうだったので、うちでかわいがってやることにした。
    あくまでもギミック研究用として。
    箱を開けてちょっと萎えた・・・タミヤだもんね、そりゃパーツはランナーにつながってるわ。
    まあタミヤじゃなくてもこうなってるか。レゴばっかりやってると感覚がちょっとズレてる。

    組立てに時間がかかりそうなんで、もうちょっと時間の余裕があるときまで置いとくか。
    でもモーターが4つ入っていてちょっとテンションが上がったりしてw
  • クリスマスプレゼント選び

    今日は久しぶりにゆっくりできたのでブログ再開。
    レゴネタじゃないし、無意味に長い記事ですけどw

    そろそろ子供がサンタさんにお願いするおもちゃを確保しておかないとってことで、ちょっと前まで子供が一番欲しかったのは「スーパーオート トミカビル」。今年の始めにトミカ博の体験コーナーで遊んで以来ずっと欲しかったらしい。


    トミカワールド スーパーオート トミカビル


    そこそこ評判もいいし悪くはないんだけど、遊びの幅が狭そうと言うか、いろんなことを妄想しながら自分で動かして遊ぶという部分でちょっと親としてはいまいちな感じだったわけです。

    自分自身の子供時代を振り返ると、1つの遊び方しかできないおもちゃってすぐ飽きちゃってたという思い出があって、その手のおもちゃはなるべく子供にも与えたくなくて。そういう意味ではレゴって究極にどんなことでもできるおもちゃなんです、私にとっては。

    子供はまだまだレゴよりも車や電車で、今年はとりあえずトミカかプラレールで選ぶことにしていたので探してみたところこんなのが。


    トミカローダー 回転バケット工事現場


    最近発売になったもので、おもちゃのギミックとしては以前からある、自動で車が動いてボールをあっちへこっちへ運ぶタイプのやつ。連動してうごくわけじゃないけど、プラレールといっしょに遊べるし手で動かして遊ぶ部分もあるので、これいいやんってことで、子供にこっちの魅力を説明してトミカビルから乗り換えさせる作戦に。

    なんとか魅力付けに成功してこれをサンタさんにお願いさせる方向に変わりつつ・・・
    と、ここまでは昨日までの話し。
    でもよくよく考えると、遊ぶ度にレールをセットして、片付ける時もバラバラにしてっていうのがめんどくさそうで。プラレールなら好き放題つなげても遊べるけど、これはちゃんと決まった並びでレールをセットしないと遊べないので、う~ん、なんか違うな~って感じになってきて。

    実際にものを見てみようってことで、おもちゃ売り場に商品を見にいったらこんなのを発見。


    トミカ ギフト くみかえ工事現場セット


    さすがにちょっと小さすぎるんだけど、子供はボールを転がしたりぐるぐる回ったりってのが好きなのですごくぴったり。トミカも2台入ってるし。ただシンプルなだけにあまりにも出来ることが少なすぎる。
    他にはこんなのも。


    トミカワールド アクション建設現場


    ちょっとAmazonの画像がショボイですが、さっきのと同じような感じのボールを運ぶタイプで、クレーンですくってベルトコンベアーで持ち上げて、コロコロころがしてダンプカーで受け止めるって流れのギミック。トミカは入っていない。

    この手のものでもうちょっと大きいのはないのかって需要を受け止めるのが、おそらくこれ


    トミカワールド ビッグ建設現場


    なんどろうけど、玉運びはメインじゃないのでちょっと違う。

    もう考えるのが面倒になってきたので、一周回ってトミカビルでいいかってなりそうな気分ですがw
    もうちょっと考えてみることにします。
  • Wiiイレ

    2011の時はたまにオフラインでやる程度だったので、2012購入をきっかけに久しぶりにオンライン対戦したら面白すぎて。
    ゲームばっかりやってる場合じゃないんだけど・・・

    明日はレゴもするぞ。
  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告