ボール運びゲーム

レゴ®エデュケーション WeDo™ を使った簡単なサンプルを作ろうと思い、ゲーム仕立ての作品にしました。
横についているハンドルを操作すると、ボールを運ぶシーソーのようなレールが傾いて、ボールが転がります。
電池ボックスのスイッチを入れると、ゴールが左右にスライドするので、うまくタイミングを合わせてゴールを狙います。

あれ、どこかでみたようなゲームですねw

モデルとしては全体的に完成度が低いのですが、構造が丸見えの方が何がどうなっているのか分かりやすいのでこんな感じにしています。
USBハブにモーションセンサーとパワーファンクションLEDライトを取付けて、パソコンと接続。
パソコンにはScratchをインストールしておくのですが、今回はLEDも使える拡張版の方を使用しています。
拡張版のダウンロードはabee's scratch modsのTwoMotorsMeshLightです。
Scratchのプログラムはこんな感じ。

モーションセンサーを左右に動くゴールに取付けてあるので、センサーの値が0になればボールがゴールに入ったという判定をします。
実際に遊んでみた動画です。
ゴールにボールが入れば、標準の「ニャー」の音と、LEDが点滅します。
センサーの値によってモーターを動かすパターンではなくて、センサーを判定に使用しているだけですので、パソコンにつながなくてもゲームはできるようになっています。

WeDoは一般販売されているものではありませんが、レゴブロックを使ってプログラミングや動くものを作る学習ができる、とても良い教材だと思います。
株式会社アフレルで家庭学習用のセットが販売されていますので、興味のある方は検討してみてはどうでしょうか。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告