スタディーノ(Studuino)をちょこっと

スタディーノ(Studuino)と言う、ブロックでロボットを作ってプログラムをして動かす、レゴで言うところのマインドストームやWeDoのようなキットがあります。モーターやセンサーやLEDをつないで、あれやこれやとできるわけです。

スタディーノの心臓部は、Arduino互換のボードになっていて、組み立てに用いるのはアーテックブロックです。
アーテック自体は教材なんかを製造販売しているメーカーですね。
ロボットプログラミング教室でも導入されています。
これが本体・ブロックの接続が簡単にできて、ボードも保護してくれるケースに入った状態。
これを書いている時点で、ボードだけならAmazonで2,500円ぐらいです。お安い。

アーテック Studuino (スタディーノ) 153100
んで、サーボモーターとかDCモーター、LEDユニット、そしてアーテックブロック。
サーボモーターは最大8コ、DCモーターは最大2コを接続可能。
テキトーにつなげた状態。プログラムはパソコンからUSBで転送します。

プログラミング環境として、アイコンプログラミング、Scratchベースのブロックプログラミング、そしてArduino IDEも使えるので、好みの環境を使ったり、同じキットでプログラミング学習のステップアップもできる感じです。
Studuino ダウンロードページ

プログラムはボードに転送してしまえば、パソコンとUSB接続をしていなくても動きます。
写真のように外部電源は必要です。
とりあえず、動作テスト動画。

で、元がArduinoなので、市販のセンサーなんかも使えます。

とりあえずこの前使って転がっていた、超音波センサーを使ってみました。
本来は専用ケーブルでつなぐのですが持ってなかったので、ブレッドボードとジャンパーワイヤで接続してます。
アーテックブロックは縦横に簡単に接続できるのと、レゴほど細かくパーツが分類されているわけではないので、ある意味ざっくりガシガシ組めるのかな~って感じがします。
レゴ同様、ブロック玩具としてのキットもありますしね。

いろいろ揃えるとそれなりの価格になってしまいますが、ロボットを作ってプログラムで動かしてみる始めの一歩としては、ありなんじゃないかと思います。電子工作的な発展もあるので、そっち系が好きなら面白いでしょう。

そりゃレゴの方が、パーツの種類や作れるモデルのレベルから考えればキットとしては優秀なのでしょうが、みんながみんなスゴいモデルを作ることを目指してるわけではないですし。

そんでもってこんなものも発表されました。
Mindstormsのライバルとなるか? ソニーがプログラミング可能なロボットブロック『KOOV』を発表
ソニー・グローバルエデュケーションとアーテックで、新しくブロックプログラミングキット「KOOV」(名前がおしゃれ)を発売するそうな。
選択肢が増えるのはいいことです。
  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告