ロボットの作り方(20)胴体を作る - その5

今回で上半身の胴体ができあがります。
組み立て手順をだだーっと一気にいっちゃいますので。
まずはこのテクニックのパーツから。
タン色のシャフトのパーツは、写真2枚目の青色のものでもかまいません。違いは青の方がピンの部分のはまる力が強いです。
今回は簡単に付け外しができるように、タン色の方を使っています。

こんな感じに2つ組みます。
あらかじめテクニックの穴の空いたブロックを組み込んでいますので、そこに下からはめ込みます。

ここにバックパックの取り付けが出来るようになる予定です。
簡単に着脱できるので、バックパックのバリエーションを作って、付け替えて遊ぶなんてことができるようになりますよ。
このロボットは、基本ブロックやプレートを使って丈夫で頑丈に組むことを優先していますので、かっちりかっちり組んでいます。
おかげで少々落っことしても、壊れにくいと思います。

いかに壊れにくく見た目もかっこよく作るかも、レゴビルドでは大事な要素です。
肩の部分を作ります。
ここには後から装甲や武器を取り付けられるように、クリップを取り付けられるパーツ構成にしています。
これでひとまず完成です。
中央部はバックパックを取り付けるスペースになります。
頭部を取り付けてみます。

どうでしょうか、なかなかいい感じになってきたと思います。

次回からは下半身の制作に進みます。