電動ヘビヘビクレーン制作記

電動ヘビヘビクレーンの制作記です。
最後の方ちょっと写真撮り忘れてますが、テクニック部分の制作工程をメインに。
今回は大きい履帯パーツなので、それにあわせた作り方が必要。
パワーも必要だからモーターはXLモーター。電池ボックスは電池交換や、電源スイッチの操作性を考慮して作っておくことが大事。
クレーンを取付けるターンテーブルギアと、ワイヤーを巻くための機構を仮設置。
この段階ではクレーンの旋回動作は電動化の予定は無しで考えていた。
鉄球を自由落下させるためのギミックは当初から考慮した作り。
キャタピラを両方取付けて走行チェック。
この時はまだ負荷もないし問題なく走行していたんだけど、歯車の取付けがちょっと弱いかな~と不安ではあった。
スペース的になんとかなりそうだったので旋回も電動化することにした。
この配置でとりあえずは動いたんだけど、いろいろと強引だし、まずいかなとは思いつつもこのまま制作を進める。
この時に妥協せずちゃんとやっとけば後の苦労はなかったのに・・・
12月中に9457が発売されることもなさそうだったので、セットの購入はあきらめて、全部手持ちパーツで作ることにした。
クレーンのトラスブームをテクニックパーツにて制作。
完成版はこの状態よりちょっと長くしている。
クレーンを取付け。この段階でヘビのしっぽが取付けられないことに気付く。
他にも動作が安定しない部分があるので、モーターの配置と配線の処理を含めてやり直し。
テクニックは後戻りが本当に大変。
駆動関係はこれでほぼ完成。
この後の写真を撮り忘れてましたが、シッポと頭と運転席を取付けるシステムビルドとなります。
レゴの特性として、テクニックは奇数幅でシステムは偶数幅が基本になるので、そのつなぎ目の部分にコツがいるかな。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告