ステアリング

レゴテクニックの電動もので作るのはキャタピラ(無限軌道、クローラー)のものが多い。というかそればっかり。
理由は単純で、前後の動きは別にどんなモデルでも簡単なんだけど、左右の動きをさせるのがタイヤの場合は面倒な感じがするから。

キャタピラの場合は左右別々にモーターを取付けて、片方もしくは左右を逆回転すれば旋回動作ができるので、何も考えなくても簡単に前後左右の動きを作ることができます。
でもタイヤの場合はステアリングをちゃんと作らないとダメで、左右に切った後にまっすぐ正面に戻す仕組みを作ってやる必要があります。
ちょっと前に見かけた作例で、ショックアブソーバーのパーツを使ってステアリングの戻り機構を作っているっぽいのがあったので、ちょっと試しに作って(パクって)みたのがこれです。

ショックアブソーバーは一番バネの強度が弱いやつをチョイス。
手で動かしてみた感触はなかなか良さそう。実際にモーターをつないでちゃんと動くかやってみないとあれだけど、この方法でたぶんいけそうなんで、また気が向いたら車の電動モデルを作ってみようかと思ってます。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • プログラボ
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • 広告