歩行戦車 TS-18 Earwig

zizyさん主催のLRP2013の第4回用に制作。

今年になって「オリーブグリーン」という、メカ・ロボ系作品を作るのにもってこいの色が本格的に流通しはじめました。今のところチーマシリーズとニンジャタートルズシリーズに多く使われていて、チーマのセットで購入したり、タートルズは海外では日本よりも早く売られていたんで、BrickLinkを利用して海外からパーツを購入したりして、パーツを集めていました。

ある程度パーツも集まり、そのパーツでどんなものが作れるのかをイメージしていて、ようやくデザインが頭の中で具体的にまとまったので製作をすることに。
いつもの歩行戦車シリーズです。設定的には歩行戦車 TS-21 Birdeaterと同じ組織に属する機体ということにしているんで、同じ系統のメカであることを意識した造形に。

多脚タイプはいろいろ作っているようで実は6脚タイプのものはまだなく、まあ、理由としては6本も作るのが面倒だ!ってこともあるんだけどw そんなわけで6脚タイプを作ってみることにしました。夏ですし昆虫的なフォルムを意識して。

普通に同じものを6個はしんどいしデザイン的にも面白くないんで、前4本と後ろ2本で違うものに。特に後ろの2本はマッチョなイメージを出したかったし、オリーブグリーンでビルドする時はボートのパーツを必ず使わなければならないと言うレギュレーションもあるので(ありませんw)なんとかボートをくっ付けてもりもり造形に!

※海外の方の作品でボートのパーツを使ったのが多かったのですよ。
けっこう細かい部分までイメージできていたので製作はわりとスムーズに進みましたが、オリーブグリーンのパーツが限られていますので、どのパーツをどこにどう使うかで悩みました。セットの組み替えをする時の感覚に近くて、全体を同時進行させながらパーツをやりくりしたり。

また、いつもメカ部分に使うダークグレーの手持ちが少なめなのと、オリーブグリーンが足りない部分を補う意味もあって、ライトグレーを補助的に使ってます。

カラーリングでは他にも、アクセントカラーにダークオレンジかな?オレンジと茶色の中間ぐらいの色がいい感じだったのでチョイス、それだけだと全体的に暗いので部分的に黄色を入れてみた。

ビルド的には、写真ではちょっとわかりにくいかもですが「腰」関節を設けています。左右にスイングするんで、足を動かす以外にも歩行を安定させたり、砲撃姿勢をとりやすくしたりなんて設定を考えながらのワンポイントですね。
コックピットはかなり装甲が厚いので、こんなとこに付いていてもなんとか大丈夫でしょうw

TS-21 Birdeaterとのツーショットも撮ってみた。
自分で言うのもなんですが・・・かっけーーーー!

こんな感じで、同じシリーズで作品制作をして行くと、妄想ワールドがさらに熱を帯びてまいります。
例えば、建物でも、生き物でも、自分の好きなものをシリーズで作っていくとどんどん世界が広がって楽しさが膨らんでいくので、皆さんも何か好きなものや得意なものを見つけて作り続けて下さいね。

Related Documents

  • name: waka
    メカ・ロボ好きおやじ

    ご連絡はこちらのメール
    lego●legorobo.com (●→@)
    もしくは各SNSからどうぞ!
  • BOOTH ショップ

    LEGOROBO Store
  • PDF eBook

  • ブロックあそび
  • PDFテキスト

  • Scratchでつくろう!
  • Kindle eBook

  • LINEスタンプ

  • LINEスタンプ
  • LINEスタンプ2
  • LINEスタンプ3
  • アプリ

  • あいうえお100
  • がぎぐげご100
  • 広告